並木敏成特集

OSP ダンク 48F フローティング DUNK 48F

定価:1,620円(税込)
1,620円(税込)
15ポイント獲得
  • お気に入りに追加
  • SOLDOUT
  • この商品について問い合わせ

カラー・サイズを選択してください。

カラー: ブラッディシャッド H82を選択中

金鱗 H76
ブラッディシャッド H82
鮒鱗 HH86
リアルワカサギVer2RP87

サイズ: -を選択中

-

↓ こちらで店舗在庫をお調べいただけます。

店舗在庫で確認する
Only one Bait。サスペンドのメリットはステイと飛距離。逆に、フローティングはこの2つ以外の性能で全てサスペンドを上回る。それはダンクに限らず、あらゆるプラグに言えること。確かに飛距離はとても重要で、釣果にも比例する。しかし、そもそもダンクがそうであるように、設計次第で同クラスのサスペンドシャッドにフローティングで勝つことも可能なのだ。加えてフローティングならではの浮かせのテクニックを駆使すれば、まったく別物のルアーと言えるほど、異なるアプローチを展開できる。もともとダンクSPは、ズバ抜けた飛距離とスナッグレス性能を武器に、カバーを恐れぬアプローチができる、個性の強い超攻撃的スモールシャッド。そのフローティング化は、スモールシャッドとしてアベレージ以上の飛距離を維持しつつ、スナッグレス性能をさらに高めることに成功した。また、ピッチのスピードは物理的にフローティングの方が上回りアピール力は抜群。リトリーブ中に浮かせの動作を入れることにより、サスペンドバスまでも手中に収めることができる。さらにサスペンド以上にワンキャストに時間をかけられるのも特徴。それは低水温期のスローなバスに対して効果的で、状況に応じて20〜30cm泳がせては2〜3秒浮かせる 浮かせ釣りを駆使すれば、動きながら長時間ルアーを見せられることで、ルアーを追いきれなかったバスをバイトさせることができる。浮かせ釣りは、泳ぎ出しが速く、短い距離でも尻振り回数の多いダンクだからこそできるテクニックでもある。この、サスペンドバスが多く現れやすい条件は、低水温期に表面水温がボトムより暖かい時や、アフタースポーン、表層にシェードとなるストラクチャーがある時など。そんな時は、狙うレンジのちょっとした違いで、釣果に大差がつくことが多い。ダンクFは、サスペンドモデルや普通のシャッドでは手の届かないバスをバイトに持ち込むonly one Baitである。※掲載している商品の画像は代表画像を表示しています。また実物と色が違って見える場合があります。あらかじめご了承下さい。※掲載している商品の画像は代表画像を表示しています。また実物と色が違って見える場合があります。あらかじめご了承下さい。

ユーザーレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。



レビューを評価するにはログインが必要です。

PC スマートフォン