並木敏成特集

OSP バジンクランク BUZZNCRANK

定価:1,836円(税込)
1,836円(税込)
17ポイント獲得
  • お気に入りに追加
  • SOLDOUT
  • この商品について問い合わせ

カラー・サイズを選択してください。

カラー: ツレスギル BH−45を選択中

アユ T−01
TGサンフィッシュ TG−03
黒金オレンジベリー H−04
黒金 T−04
銀河−Ginga− L05
チャートブルーバック P−07
KOダズラーチャート PL07
マットタイガー M−14
KOダズラーシャッド PL17
ワンパンピンク M−19
バナナフィッシュ M−20
テイスティシャッド P−23
ゴーストライムチャートG−35
シケーダーマジック F−41
サニーギル P−45
ツレスギル BH−45
トノサマガエル PP56
ハニーブルー P−62
ハニーブラウン P−63
金鱗 H−76

サイズ: -を選択中

-

↓ こちらで店舗在庫をお調べいただけます。

店舗在庫で確認する
トップウォータークランクという新たなジャンルを築いたパイオニアモデル。2000年生誕から現在に至るまで、いまだ一軍の座を譲ることなく第一線で活躍してくれる。その理由は使って楽しく、数釣りができるトップウォータープラグでありながら、ビックバスに対するアピールにも優れ、トーナメントで勝つ可能性まで秘めている。 開発時に求めた性能は、MAX5cmダイブという、クランクとしてはありえないほど浅い潜行深度。文字通り0―5cm以外の層を泳いではいけないということで、一見スイムレンジが狭いとアピールレンジも狭いと思われがちだが、真実はその逆。激しく水面で引き波を起こし続ける泳ぎこそケタ違いの集魚効果を生む。この強い引き波を着水地点から発生させ、あらゆるリトリーブスピードで引き起こす能力は10cm潜ってしまうクランクでは不可能であるからだ。加えて、飛距離ダウンやアキュラシー低下、アクションの低下などの犠牲を払うことが多い付属品に頼ることなく、ノーマル状態で空気中に飛び出しにくいことも重視した。 当初、この性能の開発的カラクリはシークレットとしていた。今だから言える設計上のキーポイントはスローフローティングボディにある。トップウォータークランクだからといってハイフロート設計に走るのは早計で、さざ波立っている時や足場の高いオカッパリなどのトップウォータークランクが不利とされる状況下でも、飛び出してアピール力を失うことなく、常に最大限のパフォーマンスを発揮してくれる。つまりバジンクランクには最適のリトリーブスピードというもの自体がなく、普通ならアクションが止まるデットスローから、飛び出してしまうような超早巻きまで釣れるアクションが持続する。もちろん、そのスピードでしか反応しない状況が確実に存在するからだ。 ※掲載している商品の画像は代表画像を表示しています。また実物と色が違って見える場合があります。あらかじめご了承下さい。

ユーザーレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。



レビューを評価するにはログインが必要です。

PC スマートフォン