お宝中古ABUリール

ご注意

現品はキャスティング南柏店にて店頭で販売している中古品でございます。
商品は使用済みの中古品で、店頭に展示しておりますことをご了承願います。
店頭でも販売しておりますので同時のご注文で品切れとなる場合の場合はご了承願います。
発送は南柏店より直接お客様へ送らせていただきます。
店舗よりの発送となり、通常オンラインで発送している梱包とは異なります。
こちらの商品は他の商品と同時にご注文いただけません。また、中古品につきノークレーム・ノーリターン(返品不可)となりますのでご了承ください。

「アブリールの歴史」

第二次世界大戦も終わった1951年、ABUはスウェーデン王室御用達の名誉に授かります。
このときからABU社の製品はシンボルマークとして国王の徽章をつけるようになりました。
ABUの品質が国に認められた瞬間です。クレストマークと呼ばれるこの徽章は、今なおアブ・ガルシアのシンボルとしてアンバサダーリールなどにつけられています。

1000番に始まったABUリールは、その後、スプールフリークラッチや自動遠心力ブレーキを搭載した「スポーツ2100」、さらにスプールの受け軸にボールベアリングを採用し、微細な調整を可能にしたメカニカルブレーキを搭載した「フライヤー3000」など、その姿を進化させていきました。 そして1952年、画期的なベイトキャスティングリール「RECORDアンバサダー5000」が発表されます。大使と名づけられたこのベイトキャスティングリールは、真紅のサイドプレートに遠心力ブレーキやスターホイール・ドラグシステムなど当時の最新の機能を搭載。1954年にシカゴで開かれたAFTMA Showにも出品されています。

RECORDアンバサダー5000は、その後のベイトキャスティングリールの手本となりました。
世界各国で製造されたベイトリールの多くはこの名機の影響を受け、全くのコピー製品も登場しました。その後ABU社ではアンバサダーの大型モデルの開発に着手します。ラインキャパシティの大きなAモデル、ボールベアリングを使用したCモデルなど、フィッシングシーンに新たな提案をしていきました。

カール・アウグスト・ボーストローム。アブ・ガルシアの歴史は、このひとりの時計職人が会社を起こしたことに始まります。南スウェーデンのクリスティアンスタードで生まれたカールは、この地で時計職人としての技術を学び、やがてアブ・ガルシア発祥の地であるスヴァングスタに移り、ハルダ懐中時計製作所に勤めるようになります。
彼には4人の子どもがおり、そのひとりであるヨーテは、14歳のときに父が勤めるハルダ社で働くことになります。その2年後、カールは会社を起こします。古い教会を買い取り、そこを改修して工場にしたこの会社は、ABU社と命名され、現在のアブ・ガルシアの原点となりました。

ABU社は当初、ハルダ社から受け継いだ懐中時計と電話度数計を製造していました。
その後“RECORD”という名のタクシーの料金メーターを手がけ、ABU社は大きく飛躍します。

そのABU社に暗雲を投げかけたのが第二次世界大戦。クルマの交通が規制されるようになり、主力製品であったタクシーメーターの需要はまたたく間になくなっていったのでした

父親から経営を受け継いでいたヨーテは、タクシーメーターに代わる新たな製品として釣り道具に目を向けます。
タクシーメーターと同じ“RECORD”と名づけられた最初のリールはすべて手作業で1機種につき25個ずつつくられました。ヨーテはそれをカバンに詰め、各地の釣り具販売卸商を訪ねました。

最初に訪問したのはベイルハウス商会。ここでは“Pebeco”というブランド名であれば3,000台の注文を出すと言われ、最初の受注に成功しました。次に訪れたベィルヘルム・デンニングホフ商会とは、“RECORD”リールのスウェーデン国内における総代理店の契約を結ぶことに成功。

こうして生産は軌道に乗り、ABU社はリールメーカーとしての第一歩を歩み始めました。
(アブガルシアホームページ「アブ・ガルシアの歴史」より

定価:28,944円(税込)
28,944円(税込)
定価:30,240円(税込)
30,240円(税込)
定価:42,984円(税込)
42,984円(税込)
定価:69,984円(税込)
69,984円(税込)
定価:53,784円(税込)
53,784円(税込)
定価:41,040円(税込)
41,040円(税込)
定価:48,384円(税込)
48,384円(税込)
定価:50,544円(税込)
50,544円(税込)
定価:37,584円(税込)
37,584円(税込)
PC スマートフォン