レジットデザイン特集 ショートロッドコンセプト

求めたのは操作性の向上

img
 
ロングロッドとショートロッドを比較すると、明確な差がはっきり表れることがあります。 それは「操作性」です。物理的に短いロッドは同じ支点(ロッドの場合、握っている手、手首周辺)から操作(シェイクやキャストなど)した場合、支点からの距離が近い(短い)方がより精度の高い動きが出せるのは自明の理。
例えるならば、米粒をつまむのに、ピンセットとお箸のどちらが使いやすいか、というようなもので、短い方が圧倒的に使いやすいのです。 ネコリグを小刻みにシェイクするとき、ロングロッドとショートロッドのどちらが細かく操作できるでしょうか。
飛距離や感度といった要素は、ロッドだけではなくラインの太さや使うルアーのウェイトなどにも左右されますが、物理的に短いという事実はそのまま優れた操作性に直結するのです。


操作性の高さは釣果に直結する

img
 
高い操作性は当然のことながら、キャスティングの正確さ、ルアーやリグの操作の細かさ、ボトムや障害物の感知力、ネガカリ回避など、バスフィッシングの基本動作すべての精度を向上させます。狙ったスポットにキャストできる、思い通りにルアーを操ることができる、水中の情報を正確に把握できるということは釣果向上に直結します。
ロッドの長さが変わることで実は大きなメリットがあるということを再認識できることでしょう。


ショートロッドのメリット

img
 
1.操作性向上
ルアーを細かく操作する(同じ動きでもロッドティップの振り幅が小さく出来る)、コンパクトにキャストするなど、最大のメリットは操作性の高さ。
スペースやキャスティングの姿勢に制約の多いレンタルボートや小型ボート、フローターなどにも短さがメリットとなります。

2.高感度
短いロッドは物理的に伝達速度が速く、感度が高くなります。軽量化も実現できるため、相乗効果で感度も上昇します。
繊細なアプローチになればなるほど、その感度はアドバンテージとなります。

3.高精度
高い操作性は全てにおいて精度を高めることが可能になります。 リグを小刻みに動かす、ネガカリを回避する、瞬間的なフッキングなどは短いがゆえに可能になる領域が存在します。キャスティングの精度が上がるのは言わずもがな。


ショートロッドが活躍するシーン

img
 
【オーバーハングやレイダウンなどへ高精度のキャストが要求されるリザーバー】
リザーバーの多くはレンタルボート+エレキフィールドであり、ショートロッドの高い操作性が特に際立って生きてくる。

【対スモールマウスバス】
ライトリグを駆使する日本のスモールマウスレイク(野尻湖、桧原湖)において、高感度と高い操作性は不可欠。

【マッディシャローレイク】
シャローカバーへのタイトなアプローチを手返し良く行う必要が多く、高い操作性は大きな武器となります。
ヘラ台の下、ブッシュの奥へのキャストなど、精度向上はそのまま釣果へ直結します。
 ファストムービングルアーを楽しむロッド選び 〜from WILD SIDE〜

秋はバスが広範囲に散るとか、冬に備えて荒食いをするとか、はたまたターンオーバーで食い渋るのでリアクションが効くとか、様々な説がありますが真偽のほどは定かではありません。しかし、水温がバスの適水温近くに下がってくる上に、アユやワカサギの動きもリンクしてくることから、横方向に動くルアーに反応が高くなるのは事実だと思います。当然、そういったバスの反応に合わせて多用されるのがファストムービングルアー、所謂マキモノです。スピナーベイトやチャター系ブレードジグなどのワイヤーベイトから様々なレンジに合わせたクランクベイト、I字系などの表層ルアーからマッチザベイトとしてのミノー、シャッドなど、マキモノといっても数多くのルアーや釣り方が存在します。したがって秋のマキモノゲームを楽しむためには、ルアーや釣り方に合わせたロッド選びもまた重要になってきます。

ワイルドサイドにはマキモノゲームを強く意識したモデル、汎用性を持ちマキモノにもハイレベルに対応するモデルなど、ぜひおすすめしたいモデルがあるので紹介します。

▼ WSC 66 ML 6'6" 5 - 14g.  Lure  8 - 14lb. Line
WSC 66 ML
ワイルドサイドスタンダードラインナップの中で、マキモノ専用設計と言い切れるロッドがこのWSC66MLです。シャロークランク、コンパクトサイズのスピナーベイト、ポッパーやペンシルベイトなど、オカッパリやマッディシャローレイクで多用されるマキモノルアーの多くをカバーできます。
ティップが入り過ぎないマイルドなテーパーデザインによってルアーのスタックを防ぎ、スムースなキャストフィールを実現しています。ガイドセッティングもマキモノロッドとしてレジットデザインオリジナル小口径ガイドセッティングをアレンジ。"ラインの遊び"を意図的に作ることで、ルアーの挙動を正確に把握することができるバイブレーションをアングラーに伝えます。
▼ WSC65MH "Frog Game Special" 6'5" 28g. Max. Lure 40 - 80lb. PE Line
WSC65MH
▼ WSC69MH "Frog Game Special" 6'9" 28g. Max. Lure 40 - 80lb. PE Line
WSC69MH
本来フロッグ専用ロッドとして開発がスタートしたこの2本のロッドは、実はスピナーベイトやチャター系ブレードジグなどに極めて使いやすいロッドでもあります。
開発期間中には2本のプロトタイプでスピナーベイトを使い分けて、北大祐がトップ50北浦戦を優勝するなど、その高いポテンシャルは証明済み。2本の使い分けはキャストのディスタンスが基本。張りがあるアクションでありながら、ルアーの重みをしっかり乗せて低弾道で精度の高いキャストが可能です。
無用なスタックを回避しカバーへの積極的なコンタクトを可能にするシャープさと感度、シングルフックをしっかりと掛けるパワーなど、むしろこっちが専用設計ではないかと思うくらいです。WSC65MHは大型ハネモノトップにもベストマッチ。空気抵抗の大きなルアーをキャストし、その高い操作性と相まって快適な使い心地です。
▼ WSS-ST 65 L 6'5" Solid Tip Model 1.8 - 7g. Lure 3 - 6lb. Line
WSS-ST 65 L
ソリッドティップロッドはワームのライトリグ用にデザインされたものが多く、マキモノに使用可能なロッドは多くありません。 このWSS-ST65Lはソリッドティップ部分にやや張りを持たせ、ブランク全体のテーパーをややマイルドなパラボリック気味に仕上げることで、マキモノの釣りにも対応する汎用性を実現しています。
PEラインを組み合わせたI字系ルアーによる表層〜水面直下の攻略は、優れたキャスト性能とソリッドティップによる乗りの良さが活きる使い方です。低水温期のスローなシャッドクランキングなどにも同様の効果で快適に使えます。
▼ WSC 610 MH 6'10" 5 - 21g. Lure 10 - 20lb. Line
WSC 610 MH
テキサスリグやジグなどの釣りに向けて開発されたロッドですが、テーパーをマイルドに仕上げてあるため、実は硬め、強めのハードベイトロッドとしても使えます。
特にフッキングにパワーを要するチャター系ブレードジグ、スイムジグなどをショートレンジで使うスタイルには6'10"というレングスによってピッチングでの精度と距離を確保し、着水直後からルアーを泳がせることが可能になります。アシ際、ヘラ台の下、水門や矢板周りなどシャローのストラクチャーをテンポよくピッチングやスキッピングで狙っていくゲームにお勧めのロッドです。
▼ WSC 66 M 6'6" 5 - 18g. Lure  8 - 16lb. Line
WSC 66 M
バーサタイルロッドとしてド定番スペックであるWSC66M。オカッパリでもボートでも、その汎用性はWSC610Mと双璧をなす、ワイルドサイドの人気機種です。
WSC66Mはティップアクション気味に仕上げてあるので、テキサスリグやノーシンカーでのピッチングにも使いやすく、北大祐プロは優勝したJBトップ50野村ダム戦においてバックスライド系ノーシンカーリグに使用していました。マキモノ用としてはシャローを釣るスピナーベイトには気持ちいい使い心地です。
定価:31,860円(税込)
31,860円(税込)
定価:32,184円(税込)
32,184円(税込)
定価:32,184円(税込)
32,184円(税込)
定価:32,184円(税込)
32,184円(税込)
定価:31,320円(税込)
31,320円(税込)
定価:31,320円(税込)
31,320円(税込)
定価:32,184円(税込)
32,184円(税込)
定価:30,780円(税込)
30,780円(税込)
定価:32,184円(税込)
32,184円(税込)
定価:32,184円(税込)
32,184円(税込)
定価:31,320円(税込)
31,320円(税込)
定価:31,320円(税込)
31,320円(税込)
PC スマートフォン