The SEABASS (ザシーバス)2019年08月号


no seabass no life


74回 宮城県のシーバスは裏切らないっ!!ランカー出現の急遽チームバトル開催!!

真夏のような暑さを感じる初夏の頃、東北宮城のキャスティング泉バイパス店のフェアリー及川から、
「宮城河川もそろそろ始まりますよー」との事で、チームキャスティングメンバーはフェアリー及川のいる宮城県へ向かう。
東北エリアでは過去良い思いをしてきているチームキャスティング。
上野から東北新幹線に乗車した特命・コスちゃん・マコリックスの3人は、早くも興奮が抑えられない。
「興奮しすぎて何回か起きたよ〜」と、マコリックス。
コスちゃんは、前日仕事が休みだった為早めに寝てしまい早く起きてしまったパターン。
毎回フェアリー及川は、釣らせてくれるので安心はしていたが「一人だけ、ホゲッたらどうしよう・・・」と各自プレッシャーがあった。
わいわいムードであっという間に仙台駅に到着。
レンタカーで移動して、道の駅でフェアリー及川と合流した。
釣れているのは「北上川」「旧北上川」2つの候補が挙った。
今回、チームキャスティングが考えたお題は、ラフなスタイルでどれだけシーバスが釣れるかでもあったので、
ウエストバックと自動膨張式Fベルトを装着して、陸っぱりで楽しめる旧北上川を選んだ。

初日は、夕方まで数カ所を見て回り、日が暮れる前にポイントに到着。
既に数人のアングラーがいる中ルアーのセレクトやタックル準備を始める。
特命は、パワフルなシーバスに対応するため、アピア「グランデージSTD86MH」にダイワ「イグジストLT4000-CXH
コスちゃんは、エバーグリーン「ゼファーアバンギャルド96R」にダイワ「モアザンLBD2510PE
ラインはクレハ合繊「シーガーR18完全シーバスPE0.8号」に「グランドマックスショックリーダー4号」を装着。
陸っぱりスタイルなのでパズデザイン「PSLヒップバックU」と安全面を考え「PSLインフレ−タブルラフトベルトV」を着用する。
マコリックスは、ランカークラスも想定し、ダイワ「モアザンブランジーノAGS97ML/M」飛距離、感度、モノコックボディの剛性を兼ね備えた
ダイワ「イグジストLT4000-CXH」ラインは「モアザン12ブレイドEX+Si 1号200m」を巻き連日の遠征釣行に備える。
下げ潮で流れが効いてくればヒット率も高く、さらにランカークラスもチャンスがあるとうポイントで釣り開始。

目視で10センチクラスのイナッコを確認。
ミノーやシンキングペンシル、バイブレーション系でのヒットが多いということ。
すでにフェアリー及川が狙う流れが入っておりさっそく実釣開始。
すると、開始2投目にして、フェアリー及川ヒット!!
フェアリー及川納得のサイズではないらしいが50クラスのブリブリのコンディションのいいシーバスGET!



ヒットルアーは「ショアラインシャイナーZヴァーティス97F
「少しレンジを入れた方がいいかも?」とフェアリー及川からアドバイス。
強弱を繰り返す河川の流れ、時折強く反転する流れに、マコリックスは「ショアラインシャイナーZヴァーティス120S
シンキングモデルを強い流れに入れしっかり水を噛ませリトリーブ。
時折ショートバイトが出る中、“ゴッゴッ”としっかり咥え込むバイトが出る!
宮城のパワフルなシーバスGET!!


「少し早めに巻いてブリブリ泳がせた方が反応良いですよ。」と再びアドバイスが入る。
コスちゃんは、フェアリー及川の言う通りキャストしたミノーのリトリーブ速度を上げて攻める。
リード「ラブラエボリューション110SFG」をキャスト。
着水後、数回転リトリーブ速度を上げレンジを下げて攻める。
流心を超えたタイミングでヒット。
手前までスムーズに寄ってきたシーバスが急に抵抗しだした。
トルクのある走りをロッドとレバーブレーキで調整を効かせながら寄せる。
「お〜太〜い!!」コスちゃんが釣り上げた丸々太った74pのシーバス。
ヒットルアーは、リード「ラブラエボリューション110SFG ライムチャートコノシロ」。
水噛みが良いので泳ぎだしが良くラブラ125SFGよりも深いレンジをゆっくり泳がせる事ができる。


そして、時合いの中、1人だけ釣れていない特命に異様なプレッシャーがのしかかる。
幾度となくそのプレッシャーに勝ってきた特命は、さらに集中力を高めて、リトリーブする。
アピア「ドーバー120Fリーヴァ」なら、飛距離とレンジも合っている。
流れの強いところからルアーが抜けた瞬間にヒット。


「すごいプレッシャーだったなー」と安堵の顔を見せ、特命完了!
干潮を迎え、初日から全員安打というスタートに晴れ晴れとした表情で宿に向かった。

初日から好釣果を叩き出したチームキャスティング!
二日目は更なる好釣果が!?
後半戦はランカー出現の急遽チームバトル開催!!

気になる結果や釣り方は「The SeaBass」をチェック!!

   


【The SeaBass】バックナンバー



4月号 Vol.017



【詳細を見る】




6月号 Vol.018



【詳細を見る】




12月号 Vol.015



【詳細を見る】




2月号 Vol.016



【詳細を見る】

チームキャスティングのNO SEABASS,NO LIFE