The SEABASS (ザシーバス)2019年04月号


no seabass no life




72回 チームキャスティング新企画!!チームバトル冬〜早春のシーバスシーズン開幕戦

2月初旬、海の中は日に日に春めいてくる季節。
産卵のため沖に出たシーバス達も、再び沿岸部や河川にエサを求めて戻りだし、
東京湾河川ではバチ抜けも始まり、アミやエビカニ系のゾエアやイナッコ、イワシ等の
ベイトパターンでも釣れ始め、いよいよシーバスアングラーが動き出すシーズンとなる。
今回の「NO SEABASS NO LIFE」は、いつもと違う。

「ザ・対決!!」だ。

チームキャスティングの4名がAチームチームBチームに分かれバトルスタート!
Aチームは、特命&コスちゃん
Bチームは、マコリックス&トヤマン
バトルのルールは、7日15:00スタートし8日9:00に集合結果発表となる。
シーバスの体長10pを1ポイントとし2人の合計ポイントで競う。

Aチーム
コスちゃん「特命さんどうしますか?」
特命「そうだね〜2人がどこ行くかだよね。」
コスちゃん「今日だけマコウィンドー(強風)が凄いんですよ・・・」
2月の関東シーバス攻略のキーは、河川のバチ抜けパターンがメインとなる。
フローティングミノーからシンキングペンシルなどを漂わせ食わせる。
ただ、使用ルアーが比較的軽いため、風を強く受けてしまうポイントでは釣りにならない。
だが、「80pを超えるシーバスが釣れている。」との情報も入っている。
Bチームは恐らく湾奥河川でバチ抜けを狙ったあと千葉河川に下ってくると予想。
先に千葉の方に南下し風を防げる河川で数を揃えておきたい。
コスちゃん「決まりましたね!それじゃー行きますか。」
相手チームの行動を気にしながら、風を防げる小規模河川でロッドを振り始めた。

コスちゃんは、表層を12月発売予定のリード「match bow100f」でチェック。
「プラの時は、結構釣らせてもらったんですよね。」とコスちゃん。
反応なくリード「リバード90S」に変えアップにキャストし巻いてくると、ショートバイトが。
同じコースを流すとヒット。
「特命さん釣れましたよ〜。小さいですけどポイントゲット。」
30pを超えるシーバスなので3ポイント獲得。
ブレイクの上を通すとバイトが出る。
このパターンをやり通したコスちゃんは、この後3ポイントと2ポイントを追加。
「小さいですけど積み重ねておきましょう。」とコスちゃん。
特命は、3月発売予定のアピア「ドーバー70F」をブレイクに流し込みヒット。
「渋いときでもタイトな動きで食ってくるんだよね」と特命。
50p超えのシーバスなので5ポイント獲得。



Bチーム
マコリックス「プラでいくつかのパターンで釣れてるから、ハマればいいんだけど」
トヤマン「Aチームは、コスちゃんがいるからスタートから千葉エリアに行くと思いますけど」
マコリックス「この天気だともろに風を受けて苦戦するはずだから、うちらは風の影響を
受けにくい都内河川で風を避けながらバチパターンで数本キャッチしたのち、
タイミングを見計らってウェーディングで大型勝負へと移ろう」
プラクティスと擦り合わせ、バトル当日の潮回りは大潮。
バチ抜けも予想できる日程ということで、スタート後の日没に合わせ
都内河川のバチ抜けが起こるエリアへ。
しかし、予想以上に風が強く吹き荒れており、バチ抜けには不利な状況ではあったが、
夕方の満潮からの下げ時合いにシーバスをゲットしておくにはバチ抜けに当たれば
数が稼げるので、経験値から都内河川の南風が防げるポイントでバチ抜けの時合いを待つ。
ポイント到着し少しすると読み通り水面にバチ抜けを確認!するとシーバスの気配も出始めボイルも頻発!

すぐにマコリックスお得意のシューティングにてバチにボイルしたシーバスを「モアザン スライ95F」でヒットさせるもバラしてしまう。
そして水面を確認するとみるみるうちにバチの量が半端無いほど沸き出し、
シーバスよりエサの量が勝ってしまいルアーへの反応が著しく無くなり、
あっという間に時合いは終了してしまった。「時合い終了だな」とマコリックス。
次の手に期待を込めて移動を決断。
下げ潮が効いている時間内にポイント移動で河川の流芯を狙うべく
ウェーディングで河川河口域へ入る。
ここはプラクティスでも大型のシーバスが出ていたポイント。
下げ潮で落ちてくるイナッコを捕食しにきたサイズも狙えるパターン。
まだ南風は強く苦戦を強いられる展開だが、風に強く、飛距離も稼げる
モアザン ウィンドストーム135F」にて流れの流芯から瀬の周りを通していくと、
待望のイナッコを捕食しているような大型のシーバスと思われる重たいバイトが出る!


スタートは特命、コスチャンのAチームがリード!
マコリックス、トヤマンのBチームも移動が功を奏し大型をヒット!?
記念すべき新企画 第一戦を制するのはどちらのチームか!?
今回の企画は敗戦チームからのプレゼント企画も!?
気になる結果や釣り方は「The SeaBass」をチェック!!


【The SeaBass】バックナンバー



12月号 Vol.015



【詳細を見る】




2月号 Vol.016



【詳細を見る】

チームキャスティングのNO SEABASS,NO LIFE