ランカー便は冬の東京湾の一大イベントなのだ!
 釣具店の店頭で接客していると、「どうやったら80p超えのランカーシーバスが釣れるんですか?」
という質問をよく投げかけられる。その質問に答えるべく、関東のキャスティングでも名高い、シーバススペシャルアドバイザー北葛西勤務「特命」(平林)錦糸町店勤務「コスちゃん」(小助川)日本橋店勤務「マコリックス」(小出)以上3人のキャスティングスタッフ(キャススタ)が動き出した。

ランカーを狙って、いざ出船!ますます楽しい東京湾のボートシーバス
 東京湾の水温も下がりはじめてくると秋のシーバス最盛期を迎える。今回、チーム・キャスティングが東京湾ボートシーバスで紹介する代表的なオープンウォーターのパターンには次の2つがある。
・イワシを追って活発に捕食しているシーバスを狙うパターン
・コノシロのような大型のベイトを捕食している大型のシーバスを狙うパターン

どちらもエキサイティングな要素たっぷりな釣り、ぜひまだボートでシーバスを釣ったことがない方は、広い東京湾すべてをポイントとするパターンフィッシングを堪能してもらいたい。
広い範囲でシーバスの動きを見ることができるため、今どこに活性の高いシーバスがいるのかも把握することができるのだ。

オススメルアー
カテゴリー1
ボリュームのあるコノシロにマッチさせ、
ビッグベイトやビッグミノーで攻略!
ビッグベイト
この時期特有のベイトである15〜40cmをゆうに超すコノシロ。
これを捕食するランカーシーバス狙いのポイントでは、捕食しているベイトサイズが大きいため、15〜30cmを超えるビックベイトやミノーにビックペンシルが必要となる。
自重が50〜100gを超すルアーもあるため、それ相応のタックルが必要。ブランクスの強いベイトロッドやシイラを釣るキャスティングロッドにPEライン3〜5号を巻けるベイトリールやスピニングリールがオススメだ。






マコリックスイチオシ!

ダイワ/モアザン
スライストロング156F
トランスファイヤーコノシロ
(156mm 38g)

V字波紋を出しながら表層をゆっくり動かし、ハンドルを数回転に1回速巻きを入れることで、一瞬フラつき食わせの間を作るのがオススメな使い方。また、安定した飛行姿勢で飛距離も十分


コスちゃんイチオシ!

リード/グランソルジャー190F
( 190mm 50g)

ウォブリングとローリングを半々で出ている、誰でも扱いやすいルアーです。表層より少しレンジを入れて攻めるのもありです。巻き速度を速めサーチベイトとしてもOKです。デカいベイトを意識しているシーバスにはオススメです!!






オススメルアー
カテゴリー2
東京湾のメインベイトである
カタクチイワシ&イナッコを幅広く攻略!
ミノー
東京湾の羽田沖あたりのベイトはもっぱらカタクチイワシやイナッコ。そこで5〜12cmフローティングミノーや、少し深いレンジを泳がせるためのシンキングミノーも必須だ。






ダイワ/ショアラインシャイナーZ
セットアッパー145S-DR
( 145mm 29g)
東京湾のランカ―便では外せない存在となった、セットアッパー125S-DRに、145mmの大型サイズがラインナップ。 ミノーとは思えない100mキャストが可能。広範囲のランカーにアピール!


オススメルアー
カテゴリー3


バイブレーション

広いレンジを探れるオープンウォーターの必須ルアー。
自重のある物を用意!

ベイトフィッシュが5〜10mと映る時には、広範囲を探れるバイブレーションが必ず必要となる。なかでも探る水深やベイトサイズに流れが効いている時でも対応できるよう15〜30gほどの自重のあるバイブレーションがオススメだ。






特命イチオシ!

バスデイ/レンジバイブ80ES
( 80mm 23g)

投げて、沈めて、巻くだけ。小刻みな振動がシーバスにアピールして、広範囲の魚を呼び寄せる。巻き心地もやわらかく、長時間使っても疲れにくい。ほかにも55mm 、70mmの鉛とTG仕様があるので様々なフィールドで使い分けができます。








Back Number
【SEABASS Life】
2019
10月号 No.01

詳細を見る >>
【The SeaBass】
2019
8月号 Vol.019

詳細を見る >>
2019
6月号 Vol.018

詳細を見る >>
2019
4月号 Vol.017x

詳細を見る >>
2019
2月号 Vol.016

詳細を見る >>
2018
12月号 Vol.015

詳細を見る >>