最終回 真夏の汽水湖イナッコボイル炸裂!涸沼ランカーをキャッチせよ!


no seabass no life


NO SEABASS NO LIFE 最終回!真夏の汽水湖イナッコボイル炸裂!涸沼ランカーをキャッチせよ!

関東エリアも梅雨明けでいよいよ真夏の連日猛暑日の陽気となった。
夏のシーバスエリアで注目されるのは関東の汽水湖で人気フィールドの茨城県涸沼。
海水が海から入り込み淡水と混ざり合う汽水湖の涸沼本湖と大洗の海とつながる涸沼川とで形成される。
涸沼エリアでは梅雨時期からシーバスのベイトになるイナッコやサッパが入り込みシーバスもそれらのベイトを追って入ってくる。
涸沼名物のイナッコスーパーボイルもはじまり、ランカークラスも狙える夏から秋にかけて魅力的なフィールドとなる。
今回の取材時期では昼間は猛暑となってしまうため、シーバスの活性も朝マズメ、夕マズメとナイトゲームがメインとなるため初日は夕方前に現地に到着。
下見を兼ねてフィールドを一回りし、ベイトとなるイナッコが多くシーバスのスーパーボイルが出そうなポイントを絞っていく。
夕刻、本湖でイナッコにボイルする場面に遭遇、イナッコの量も多くこのポイントで夕方からナイトゲームをすることに。
涸沼は足場のいい護岸エリアも多いがより釣りの効率も考えてウェーダーを履きスタンバイする。

特命は、アピア「グランデージSTD86MH」にダイワ「イグジストLT4000CXH」をセット。
コスちゃんのタックルは、ロッド・エバーグリーン「ゼファーアバンギャルド92」リールは、ダイワ「モアザンLBD2510PE
ラインは、クレハ「シーガーR18完全シーバス0.8号」にリーダーは、クレハ「グランドマックスショックリーダー4号」をセット。
マコリックスは、今回はパワーの強い涸沼シーバス用にベイトタックルのダイワ「モアザンエキスパート88MLB」に、ダイワ「モアザンPE1000XH-TW」をセットし
涸沼イナッコパターンの定番「クロスウェイク」で探っていき、ボイルした付近をデッドスローで誘って日暮れのタイミングで早々に1本目をキャッチ。
50クラスとここ最近数が多いアベレージサイズ。


特命は、より沖目のボイルを狙う為、ダイワ「スイッチヒッター120S-R」をフルキャスト。レンジが入りすぎないようにロッドを立てて、リトリーブするとヒット。


コスちゃんは、表層を逃げ惑うベイトのレンジと動き方を観察。アイマ「ポッキー100」をキャスト。
表層をスライドしながら泳ぐペンシルベイト。
逃げるベイトの速度に合わせながらロッドをあおり動かす。
沖からルアーを動かしてくると「パーン」とコスちゃんの「ポッキー100」にシーバスが食いつく。

レンジと動きは、間違いなくあっている。
アイマ「ポッキー120」をキャストし再確認するコスちゃん。
「チョン・チョン・チョン」と、ゆっくりスライドさせながら泳がせると「バコン!!」
「マコリックス!食ったよ!いいサイズかな?」ゆっくり寄せながらエラ洗いをするシーバスをレバーブレーキで調整しながら寄せる。
直ぐそばにいたマコリックスにランディングキャッチ。72pの良型シーバス。


涸沼では、信頼を置いているポッキーゲーム。
「この時間はチョン・チョンがいいですね〜」とコスちゃん。

アクションを入れた釣り方に反応したため、マコリックスも「ガルバ73S」をデイゲームのイナッコパターンに有効なガルバトゥイッチで
表層から水面直下を水中ドックウォークさせて誘うとアベレージサイズがすぐにヒット。
クロスウェイクでは何回かバイトがあったが、ルアーを弾かれたりミスバイトになったりと、
シンキングペンシルのガルバの表層より少し下の浮きすぎず沈みすぎないレンジへの反応の良さがわかった。
さらにキャストしていくと水中でのドックウォーク中に、ロッドアクションが止められる強いバイト!
エラ洗いしないトルクフルなファイトをベイトタックルのパワーでいなし、寄せて来ると「デカイ!!」「涸沼ランカー来たぞ!!」とランディング成功!!
コスチャンが導きだしたアクションのヒントと僅かな流れを感じた沖目のポイント戦略とで、見事初日にて85センチの涸沼ランカーGET!!となった。


気になる結果や釣り方は「SEABASS Life」をチェック!!

   


【The SeaBass】バックナンバー



8月号 Vol.019



【詳細を見る】




4月号 Vol.017



【詳細を見る】




6月号 Vol.018



【詳細を見る】




12月号 Vol.015



【詳細を見る】




2月号 Vol.016



【詳細を見る】

チームキャスティングのNO SEABASS,NO LIFE